Search Search

正誤表

『数学の言葉で世界を見たら』 初版の正誤表です。

 

 [2015年3月27日] 電子書籍の初版について、数カ所のミスがあることがわか り、修正されました。初版を購入された読者は、無料で修正版が再ダウンロードができるそうです。ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

 [2015年4月20日] おかげさまで単行本が重版になりましたので、以下の誤植も2刷で修正されました。

 

第1話

22ページ: 初版では、このページの中ほどのカッコの中に、

(この数字は、これまでのデータだけから導くことができる。このことは補遺で説明しておいた。)

とありました。しかし、補遺の方法でこれを計算するためには、条件付き確率 \(P\)(乳がんなし→陽性)の値が必要になります。ウェブマガジンの連載記事では、この確率の値も本文に記載されていたのですが、単行本にしたときに、誤って削ってしまいました。そこで、このカッコの中を、以下のように修正します。

(この数字は、\(P\)(乳がんなし→陽性)\(=0.07 \) を使うと導くこともできる。このことは補遺で説明しておいた。)

これに対応して、第1話の補遺②も修正しました。

 [2015年3月27日] 電子書籍版は修正されました。

 [2015年4月20日] 単行本でも2刷より修正されました。

 

第4話

100ページ: オイラー関数 \( \varphi (m) \) の定義で、

「\( m \)と互いに素な自然数 \( n \) の個数を」

とあるところを、

「\( m \)と互いに素な \( m \) 未満の自然数 \( n \) の個数を」

と補足します。

 [2015年3月27日] 電子書籍版は修正されました。

 [2015年4月20日] 単行本でも2刷より修正されました。

 [2015年5月8日] 電子書籍版では、第3節の第5段落の最初の文に、

「第2話で登場した数学者ガウスは、… \( n \) 以下の素数の個数が、およそ \( n = \log_e n\) であると予想した」

とありますが、これは、

「第2話で登場した数学者ガウスは、… \( n \) 以下の素数の個数が、およそ \( n / \log_e n\) であると予想した」

の誤植でした。訂正をし、再配信しました。単行本版には、この誤植はありませんでした